トレンドラインはテクニカル分析の基本


asd1as77 FXでなかなか思うようにうまく利益を上げることができない、そのように思っている方はテクニカル分析を試していますか?

FXにおいておもに分析方法として用いられるものに、経済指標など世界情勢を材料にしたファンダメンタル分析と、チャート図などを用いるテクニカル分析の大きく分けて2つの種類があります。このうち、ファンダメンタル分析は初心者にとってかなり難しいものになるでしょう。そこで、ここではまずテクニカル分析について見ていきます。

まず、どのようなテクニカル分析を用いればよいのでしょうか。これにはまず、自分自身がどのようなスタイルで取引をしようとしているのか考えなければいけません。たとえば短期トレードを行おうとしているのに、長期トレード向けのテクニカル分析を用いたところでまったく役には立ちません。

自分のトレードに向いているものはどれなのか、それぞれの特徴に合った分析を選ぶところからまずは始めましょう。FXの主婦ブログ一般的には、短期であればあるほど、より細かい分析が必要となってきます。逆に、数日間からの長期間で取引を行うスイングトレードなどにおいては、値が上がっているか下がっているかを見るだけでも、十分判断の材料になるともいえます。

文献: ミラートレード.com

たとえば、デイトレードや超短期トレードのスキャルピングなどでは、損切りラインからエントリーラインまで、しっかり細かく設定をしておかなければうまく利益を上げるトレードは行えません。このエントリーラインにしても損切りラインにしても、いずれもトレンドラインを基本に設定するのが初心者の方には簡単な方法となりますので、まずはその作成方法を紹介していきましょう。

トレンドラインというのは、その相場が上昇トレンドであれば、安値と安値を結んで線を引いていくものです。その逆に相場が下降トレンドであれば、高値と高値を結んで線を引いていきます。このトレンドラインが急な角度になればなるほど、そのトレンドの傾向が強まっていると考えられます。逆にそれを抜けた場合には、次にトレンドは反転する可能性が高くなっているということを示しています。

したがって、まずはエントリーラインはトレードラインがサポートしたあたりに、損切りラインはトレンドラインを抜けたあたりに決めるのが、初心者の方にはよい方法といえるでしょう。このように、トレンドラインを作成するのはテクニカル分析の基本ともいうべきもので、これができなければ長期に渡って利益を上げていくことはまず不可能です。みなさんもその動きにしっかり注目し、十分に考慮しながら、 ぜひともよいトレードを行えるようがんばってみてください。また、次回詳しく説明しますが、FXやバイナリーオプションをする際には業者を利用するわけですが、業者によっては、FXやバイナリーオプションのボーナスを獲得することができます。無償で提供されるツールなど様々な特典を賢く利用する知識を身につけましょう。